プロフィール

PIN

Author:PIN
1984年生まれの二児の母。
育児と家事に忙しい?はずが…突如ブログを開始!!
息抜きです!!(いや、現実逃避。。。)

暇をみつけては、CITY HUNTERの二次小説を読んだりイラストを眺めたり…妄想にひたっていますw
リョウちゃんが大好きな主婦のつぶやきです!!

たまーに、妄想をはき出した小話を投稿しちゃったり…(^^;)

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

PINのつぶやき
2015年秋…CITY HUNTERにはまってしまった主婦。特に二次小説にハマっています!CITY HUNTERに関することをつぶやきたいと思いつつ、方向がしばしばずれている…!?
はじめてのつぶやき
2015年秋・・・突如CITY HUNTERにどっぷりはまってしまいました。
きっかけは、エンジェル・ハートのドラマ化。

知りませんでした、エンジェル・ハートそのものは・・・
でもCITY HUNTERの冴羽リョウは知ってました

小学生のときの自分の中のカッコイイ男!!といえば冴羽リョウ
思い出しましたーー自分のき・も・ち!!
と、一気にヒートアップ~~~

ドラマ化の話題から、エンジェル・ハートのこと、CITY HUNTERのことをひたすらネット検索w
様々な情報を頭にインプットしていきました。

アニメを見たり、原作コミックをレンタルして読んだり・・・
そして今は、CITY HUNTERの二次小説を書いている方々のサイト巡りが日常です。

いろんなリョウと香に出会えてとっても幸せ~~~


これから、二次小説を読んでの感想とか、ふと自分が思ったこととか、日常にからんでつぶやけたらと思います。

本当は、頭の中で妄想してしまうリョウと香を二次小説にできたらと思いますが・・・文才はナシ!!!
二次小説を書いている方々、マジで尊敬っ!!!



(2016.5.24 以下↓追記)
文才ないけど・・・なんちゃってで、SSもどき?を4作書いてたのね・・・
書いた順にリンクはってみることにした(^^;)

1:続きは…俺から…
2:バニラ味!?
3:バイクに乗りたい→→→マメさんのイラスト+プチ妄想
4:胸元に注目

(2016.9.9 以下↓追加)
5:Lovely(全5話)
  Lovely①
  Lovely②
  Lovely③
  Lovely④
  Lovely⑤


スポンサーサイト
夏休み接近中
息子も娘も25日から夏休み~

自由時間なしーの日々がくるのね!

宿題・自由研究・夏祭り・お盆の親戚回り・・・
いっそがしぃー

はじめの二つは自分がやるならーパパッと終わらせるのにね




二次読むのも、妄想するのもしばらくできなさそうなー・・・




「香ちゃん、俺らもな・つ・や・す・み♪」

「りょー、なに言ってるのっ!? は・た・ら・け~」

「でも、働くにはさ・・・エネルギーが必要じゃん」 (超真顔で言ってる)

「・・・え・・・エネルギーならいつもたくさんゴハン食べてるじゃない・・・」

「そのエネルギーじゃなくてさ・・・」 (超真顔継続中)

「・・・え・・・?」

「ぼくチン、香ちゃんからの愛がないと働けないからぁ~♥」

「あ、あ、愛!?!?」

「いいだろ?」

「ちょ、ちょっとまって・・・朝っぱらから何・・・言ってるの・・・」

「香が悪いの! 朝っぱらからそんな格好してさ・・・さーてレッツゴー!」 (どんな格好!?w)

「い、いやー降ろして~~」


お・わ・り!?


暑い中の二人

「あっついわねぇー・・・」

「・・・」

「冷たいもの飲んでもちっとも意味なーい」

「・・・」

「なんかいい方法ないかしら~?」

「・・・」

「ねぇ・・・リョウ聞いてる?」

「・・・エアコンいれりゃーいいだろ!」

「だってー・・・一回いれたら~きっともうずーっとよ!停めたら地獄よ!!!」

「今も地獄だ・・・」

・・・

「ねぇー・・・リョウ? 出かけないの?」

「外はもっとあっついだろー なんかあんのかよ?」

「うーん・・・リョウいなかったら裸になるのにーと思って(-∀-)」

「(*゚ェ゚*) !! んなの、俺がいなくたってダメだろう! (てか、今もキャミ1枚に、かなり短いショーパンじゃねぇか!!!)」

「えーなんで? 誰もいなかったらいいじゃん」

「窓から見えたらどーすんだよ」

「えー・・レースカーテンしてたら大丈夫でしょ?」

「急に誰か来たらどーすんだよ・・・」

「え? それはーすぐ着るでしょ!」

「気配を消して入ってきたらどーすんだよ?」

「・・・そんな人・・・いる?」

「(゚д゚)  (思いっきりいるじゃねーか!!! ミックだよーミックぅぅ~~!!)」

「もしかして、リョウってこと?」

「はぁ!?」

「リョウにそーっと入ってこられたらわかんないもんね」

「・・・じゃなくてー・・・」

「まぁリョウなら最悪見ちゃったとしても・・・見るに堪えかねてまた出てってくれるでしょ?」

「(;゜0゜)  (んなわけあるかぁーーー!!!!!!)」
 
「んー? もしかして・・・多少は見る価値ありぃ?(-∀-)」

「(*゚Q゚*) (こ、これは香からの挑発なのかぁーー!!!)」

「なーんてね(=∀=) 冗談よーリョウ!」

「・・・」

「あ、リョウはさー男だから~ パンツ一枚でいればいいじゃなーい! Tシャツ脱いでいいわよ!」

「(°_°) (さっきから香ちゃん・・・なんなの・・・脱ぎたいとか脱げとか・・・服装もギリギリだし・・・ぼくチンもう無理・・・)」

「ねぇーリョウ? 聞いてるのー?」

「・・・」



おわり!?


-------------------------------------------
リョウちんらしいような、らしくないような・・・
香ちゃんらしくないような、らしいような・・・

本当はこのままイチャイチャしてほしいwww



北海道・・・連日暑くてバテそうです
らしからぬ湿度と気温・・・7月前半だというのに・・・

でも、道外は・・・もっともっと暑いだろうし雨もひどくて言葉にできませんm(_ _)m

ラジオ
日付が変わる頃・・・


ガチャ・・・


ただいまー・・・って、、、今日はかずえ帰らないんだもんなー


【ミック♡
 おかえりなさい
 夕飯温めて食べてね
 明日は帰れると思います】


忙しいんだから夕飯準備なんてしなくていいのに・・・
ボクって愛されてるぅ~♡


お互い忙しくこのところすれ違いだ
かずえがいない夜は慣れているはずなのになんだか今日はいつもより寂しくかんじる

TV~? うーん、、、そんな気分じゃないなー

ふと、ラジオをつけてみた
日頃ラジオなんて聴かないのに・・・なぜだかスイッチを押したくなった


『・・・ってことで~リクエスト曲~恋心をお送りしましたぁ~♪
次のコーナーは・・・もうすぐ"七夕"!!!ってことでーーーーー
願いよ届け!みんなの短冊読んじゃうよっ! でーーーす☆
先週の告知から、さーてどれだけ集まったかなぁ?
私の独断と偏見で~みなさんの短冊をご紹介しちゃいまぁーす
・・・』


なんだか、テンションの高い番組だな・・・
でもまぁ、、、たまにはいいかーという気分で、そのままかけっぱなしでかずえの夕飯をいただくことにした


『・・・さて次の短冊は~~ラジオネーム"Rを愛するK"さん・・・』


ん?(ミックはおかずをひとつこぼした)

R?K?

ま、まさかなぁ~ハハっ



『 「愛する者・・・そう言ってくれたけど・・・それって家族愛?  あれから何も変わらない・・・どうかもう一度本当の気持ちを聞かせて」
・・・』


たしかに・・・あの二人あのときなんかあったはずなんだよなぁ
でも戻ってからはいつもと変わらず・・・
もしかして本当に・・・カオリ?


『うーーん・・・なんか深い!! 深くないすっか? この男女は恋人未満なのかなぁーそれとも恋人で結婚一歩手前なのかなー?どっちにしても普通愛する者なんて言われたらもうそのままハイOK!!ってかんじじゃないのかなぁ?
家族愛?って言ってくらいだから~もうなんかこの二人には特別以上の感情か何かがあるのかなー!!
いろいろと想像は膨らみます!! ひじょーーーーに気になっちゃいましたね!』


たしかに・・・気になる!!!
てか、ボクはもうカオリなのかどうか気になって・・・
カオリはこんなラジオを聴いてるのか?
今度さりげなくラジオの話でも振ってみるか・・・

もしこれがカオリなら・・・リョウのやつそんなこと言ったのか?
そんなこと言えたんならそのままキスのひとつでもできなかったのか?
カオリもカオリだ!
リョウからそんな言葉もらったんなら、そこは素直に受け取らないと!

だめだ・・・なんでボクがこんなイライラしないといけないんだ!
あーもうっ!

二人とも素直にくっついてくれーーー


『・・・おっとーーここで気になるラジオネームが!!! みなさんよーーく聞いてくださいよ~
ラジオネーム"Kを愛するR"さ~~~ん!!! これってもしかして~~?
先ほどの、"Rを愛するK"さんの相手側~?
・・・読みますよー! このRさんの願いは・・・「こんなにも愛しているのに・・・どうすればこの気持ちが伝わるのだろう? 俺にはお前だけだ・・・俺もお前も素直になれますように・・・」
・・・』


リョウ!リョウなのかー!!!


『・・・ヤバイ!ちょっとなぜかウルっときました! この二人結ばれて当然なのに・・・なんでこんな・・・
お二人~聞いていますか!!! これ聞いたらもう即会わなきゃですよ!!』



とっさにベランダに出て向かえのアパートを見た!
7Fの寝室に電気がパッと点いた瞬間だった・・・

二人のシルエットがかすかに見えた・・・気がした


はぁ~あ~


なんとも言えないため息のようなものが出た
ホッとしたような・・・残念なような・・・うれしいような・・・複雑だ


ボクもかずえに会いたくなっちゃったなぁー
   



ガチャ・・・


!?


ミック♡
なんだかすごく会いたくなって・・・超特急で仕事終わらせてきちゃった♥


かずえ、おかえり♡
ボクもすごく会いたかったよ


とってもイイ話があるんだ!
聞いてくれる?




おわり



----------------------------------------------------
ミックいいよね、うん♡
リョウはそんな投稿しないだろうけどね・・・妄想ですw

さらさら~とノリで書いたので、いろいろテキトーなかんじになってしまいました(読みにくいw)
もっと細かく心情とか情景とか書けたら、よりよい作品になる気がするんですけどね・・・
そこが文才の能力↓↓ってことなんでしょうwww
いいんです、楽しく書ければね!


ひたすら・・・
ひたすら眠い・・・
ひたすらだるい・・・

どうしたものか。。。

数日前は胃痛腹痛もあったしね・・・


元気出さないと―今週末は幼稚園の運動会!
その後も細々と予定が詰まってるぅーーー!!!


家に香ちゃんがいたら・・・胃にやさしいごはん作ってくれるだろうにぃー
癒されたい~~





((『りょぉ? どうしたの? 大丈夫?』

『えっ!? 熱? どれどれ~? ほんとだ・・・』

『ごはんは?食べれそう? おかゆにしようか?』

『りょー、おかゆ作ってきたよ! あっついから気をつけてね』

『え? 冷ましてって?』

『しょうがないなぁー、 ふぅーふぅー・・・』

『もう食べれるよ!』

『えっ!? もぅ・・・一人で食べれるでしょ! 食べなきゃ元気でないわよ!』

『・・・わかったわよ! 今日だけよ・・・はいアーンして!』

『ごちそうさま! そんだけ食べれかたら、あとは今日一日寝てなさいね!』

『えっ!? さみしぃって?・・・・・・あ、ちょっと待っ!』

『もう・・・これ片付けてこないとー・・・』

『ちょっと・・・だけだからね・・・りょぉ・・・♡』))




「ぐふふふ・・・かおりちゃぁ~ん(〃ノωノ)」

「りょぉーー朝だよーーー起きてーーー!!!!!」

「食べさせてくれるときは~裸にエプロンでもいいのに~もっとサービスしてくれても~ニヤニヤ(/∀\*)」

「は・だ・か? エプロン!?」

「その後は~そのままぁ~ぐふふふふ~♥」

「こらーー!! 朝からどんな夢見てるんじゃーーー!!!」

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

「(;゜0゜)」

「りょぉ? 一体どんな夢を見てたのかしら?」

「ふぇ? ゆ、夢!?」

「もう!洗濯したいからお・き・て!!!」

「(夢かぁ・・・・・・熱・・・出ねぇかなぁ・・・)」




おわり